お歳暮を贈る際の知っておくべき相場

お歳暮は1年お世話になった気持ちを込めて相手に贈りますが、貰った相手側への配慮も必要です。

お歳暮について悩んでいませんか。

そのためお歳暮はいくらお世話になったからと言って、高額な物を贈るのは控える方が良いポイントになります。



あくまでの一般的なお歳暮の相場を把握しておくことで、贈る側へ配慮しつつ感謝の気持ちを伝える事ができます。



まずお世話になっている相手に贈るのが基本であり、また1度贈ったら毎年継続して贈るのがマナーになります。

1年だけお世話になったから贈りたいという場合であれば、お歳暮ではなく御礼や無地熨斗などを使用する方法を選ぶのがポイントです。
相場としては友人や知人の他に会社の取引先といった人に贈るのであれば、平均して3、000円前後が相場になります。

会社の上司の他に仲人を務めてくださった方や、同居していない両親に贈りたいという場合もあります。

その場合は相場としては、5、000前後も物を贈るのがマナーになります。


状況によってより相場が高くなる事があり、その1つにお中元を贈ってない場合です。

お中元は夏ごろに贈りお歳暮は年末に贈りますが、両方贈る必要はありません。

年配の方やお中元を贈ってない方へ贈る際は、相場としては5、000円から10、000万円前後の物を選ぶのがポイントです。

ただしあくまでも相場であって必ずそうしなくてはいけないというわけではありません。

あくまでも贈られた側が負担にならない程度の相場と考えておくと良いです。