介護福祉施設を建設する前に知らないと損するかも?

現代の保育園の建築に関してです

今風に考えれば子供の成長には何が大切かと言えば安全と環境とです。

出来れば子供が走っても、または躓いても転ばないような段差のない建築が設計の段階から考えられます。他にも衛生の面やメンタル面でも、今の子供たちにとってすれば会話でも楽しめる大好きなキャラクターたちが表現されている環境なども考えられます。けれどもそれは単に私たち大人が子供のために教育と言う概念から子供たちの笑顔をいつまでも見ていたいと言う願望でしかない事も窺わされます。それらを基点にするとすれば、幼児たちがこれからゆっくりと確かに成長する事を考える保育園の在り方で考えられるの、身体は小さいけれども成長の早い子供たちはのびのびとしており、正に創造性に溢れ、しかも自然が大好きだと言う事です。

つまりは自然の持つ美しさを取り入れる事が大切です。そしてその自然から伝わってくる心地良さは子供なりにしっかりと肌で感じながら成長してくれます。何よりも自然素材は自然の恵みです。そのために木を選び建築される保育園が望ましい訳です。自然環境を取りいれての環境作りです。それはやがて共生して子供たちにも実感が持てる事に繋がります。子供たちの安全や安心を考えるならば化学物質は避けるのが現代版としての保育園の建築法であるべきです。

手作り感があるからそこから発生するであろう太陽の光り、そして自然エネルギーも必然的に活用されてくるはずです。自然素材の木の園舎と言うのは明るい光が差し込みます。夏は涼しくそして新鮮な風が通り抜ける場所が生まれますしかも木は調湿効果があります。冷暖房としても効果があります。そのために建物を長持ちさせてもくれます。これからの成長過程の幼児たちへの保育園作りの在り方は、自然素材の園舎の構築です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *