介護福祉施設を建設する前に知らないと損するかも?

保育園の需要は高く、新施設の建築も増加

日本の国は少子高齢化社会であり、人口に占める子供たちの割合が極端に減ってきています。

翻って年配の人々の割合は急激に増加しており、医療費が増加する要因となっているのです。人口分布が丁度ピラミッドを逆さまにしたような形になっています。最近の若者はそもそも未婚であることがおおく、今後もしばらく少子化の時代は続く可能性が高いです。一方で少子高齢化社会になった今でも、保育園の需要は小さくありません。都心部ではむしろ一昔前よりも保育園のニーズが高まっており、新しく施設が建築され始めています。

地域によっては規制緩和が実施され、昔よりも新しい施設の建築が簡略化されています。民間企業や個人事業主が新しく福祉や教育の分野に新規参入する事例も増えて来ました。共働き世帯が増えて来た結果、特に都内では保育園に子供を預けたいと考える母親が増えて来ており、既存の施設では募集と同時に定員が埋まる程の人気です。一昔前だと若夫婦の近くに、両親が一緒に暮らしていた事が多く、必要な時はいわゆる祖父や祖母に子供を預けられました。

また経済的にも昭和の頃は豊かであり、サラリーマンの旦那様の給与だけで生活が営めました。ところが近年では共働きでようやく家族三人が生活出来る水準となっています。新しく保育園が近くに建築される事は、地域住民にとっても大変喜ばしいニュースです。サイドビジネスを何か始めたいと考えている方は、保育園の経営を思案してみるのも良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *