介護福祉施設を建設する前に知らないと損するかも?

保育園建築準備前にやっておきたこと

保育園を増やしたいと願っている自治体や働く親は全国各地にいます。

また子供を預ける必要のない人たちも、今後の日本社会のためにも保育園は必要と考えている人も数多くいます。しかし実際に施設を建築するとなると、様々な障害があります。多くの福祉法人または故人が、子育て世代や子供たちのために、保育園を建てようとしてもなかなか上手くいかないのが現状です。まず第一に、建築できる土地がない。認可保育園には厚生労働省が定めた建築基準があり、施設の広さや人員の数まで細かく定められています。その基準を満たさなければ認可が下りません。

未認可の施設も多数ありますが、はやり認可の方が厚生労働省や自治体からの支援も手厚く、何より子供たちにより良い保育環境を与えることができます。次に、人員確保が難しい。保育士とは子供たちを見守り、時には手を差し伸べる大切な役目があります。夢のある職業とは裏腹に、労働環境は過酷な上に給与は低く、担い手も減少傾向にあります。保育士は資格が必要ですが、最近では資格未保有のパートタイムも随時募集している状況です。建築中に人員を募集する園も珍しくはありませんが、希望する人数を採用できる保証はありません。

規定の人員確保ができず、予定日に開園できない最悪のケースも考えられます。もう1つが、地域住民の理解が難しい。保育園の建設すると、驚くほどの反対の声が上がります。何度も説明会を開き、何年もかかってようやく建築に取り掛かれるようになれた、という施設もあります。反対の理由は、静かな環境が急に変化することへの不安がまず最初に挙げられます。子供の声や周囲に子供姿があるだけでも嫌な気持ちになる人も少なくありません。送迎で車が増え、周囲の交通情報も変化にも不安を覚える人も。地域と子供たちが安心して過ごせるような施設を運営できるよう、綿密な計画が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *