介護福祉施設を建設する前に知らないと損するかも?

保育園を建築する業者に必要なものとは

ここ最近、テレビや新聞などのマスメディアが、待機児童の問題を取り上げていますが、その解決にはまだまだ時間が必要です。

すぐに解決できない理由は様々ですが、中でも保育園の建築に関する法律問題は極めて深刻なものです。待機児童はその性格から、都心に集中する傾向にありますが、当然、都心は空き地は少なく、仮にあったとしても極めて狭隘であったり変形な敷地であることが多いため、やむなく既存の建物を改築することになります。しかしながら、既存の建物を用途変更する場合には手続きが非常に難しくなるといった課題があります。

保育園の建築基準は、児童福祉法の中で児童福祉施設最低基準として定められていますが、非常に細かなルールがあり、例えば0~1歳児を保育する場合は1人当たり3.3㎡のほふく室が必要であり、2歳児以上の児童を保育するには1人当たり1.98㎡以上の保育室が必要になります。さらに、調理室や静養室の設置が義務付けられているほか、地域の条例によってはバリアフリー法が適用されることもあります。

もちろん、法律上の条件だけをクリアすれば良いというものではなく、保育士の目が行き届き、子供たちが安心して学べるレイアウトが必要であることは言うまでもありません。したがって、保育園を建築するには、専門的な知識と技術に加え豊富な経験が必要です。最近では立地条件や建築基準に合致した物件を探し出し、限られた条件の中から快適で安全な保育園を建築する業者も増えており、今後、さらに増えておくことが期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *