介護福祉施設を建設する前に知らないと損するかも?

保育園の建築とコミュニティーの関わり方

保育園が身近にある場所で子育てをしたいという若いファミリーは多く、都市部においては特に保育所不足も顕著ですので、貴重な施設として認識されています。

その一方で、新しく造成されたニュータウンと異なり、古くからの住宅地においては保育園の建築について地元町内会やコミュニティーからの反対運動が見られるというケースも、報道によってご存知のかたも多いことでしょう。歓迎される施設であるはずの保育園が、住民の年齢層によっては迷惑施設として認識されてしまうという現状はたいへん残念なことですが、地道な住民との話し合いと施設側の対処によって粘り強く建築に関しての理解を求めて話し合いを進めていくことが重要となります。

生活範囲に保育園があることのメリットには、共働きの夫婦が子どもを預けやすい環境であるということ、地域の中でこどもを育てることで目が行き届いた社会教育の場を提供できること、コミュニティーの重要な交流拠点として機能することなどが挙げられます。

デメリットとしては上記のように騒音の発生が心配されたり、送迎の際に交通量が増加することなどが考えられます。防音については建築の際に窓を2重にする、吸音性の高い素材の外壁とする、宅地の密集する方向に開口部を設けないなど、保育園側の工夫が必要となりますが、もちろん地域住民の意識についても、子どもたちのための施設であるということを今一度問いかけ、その存在価値を認めていくことが重要となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *